・・・花に想いをのせて・・・

ブルターニュの紫陽花が咲いた

今日のタイトル、「?」と思われますよね。

ブルターニュは、昨年9月に秋色アジサイを見るために訪れた場所。
その、ブルターニュの"ロクロナン"という小さな村で、
斜面一杯のブドウ色のアジサイに出会ったこと、
そこのオーナーさんに、腕一杯のアジサイを頂いたこと。

フランスから戻って、一番最初にご報告したのが、
このロクロナンでの出来事でした。

d0026414_2030103.jpg

「ロクロナンの猫と紫陽花」

両腕ひと抱え分(12本)のアジサイは重たくて、
村を一周散策した後、バスを待つ時間は広場で休憩。

黒猫ちゃんは、どこからともなく、やって来て、
"ぐぅぅぅぅぅ~ん"と伸びをした後、
このテーブルにずっと座り込んでいました。

さて、このアジサイ。
カンペールのマダムにおすそ分けされた子、
大切に持ち帰った後、自宅撮影してポストカード化された子、
そして挿し木にされた子・・・。

その挿し木にした9本のアジサイの内、
1本が、今年、私の家で一番に色づきました

d0026414_20113190.jpg

・・・4月13日のようす・・・

小さな小さな蕾を見つけた時は、
もう嬉しくて嬉しくて。
この子は、一番最初に頂いた、
お庭の入口の所で咲いていた、青紫色のアジサイです。

えーと、今日撮った写真をUPしようと思ったのですが、
時間がなくなってしまって(ゴメンナサイ!)・・・、
次回にさせてください。
しっかり色づいて、小さいけれど、ちゃんと紫陽花です!




d0026414_2085728.jpg

”ロクロナンの秋色紫陽花ムッシュ" 

・・・と呼ばせて頂いている、このお方から、
紫陽花を分けて頂きました。

「ムッシュ、メルスィーボークー!
頂いたアジサイ、再生しています、
東の方の小さな国の、小さな小さなお家で・・・」 



[PR]
by juno-7 | 2010-06-07 20:56 | 旅・街・スナップ