・・・花に想いをのせて・・・

コッツウォルズ・冬の旅IV

前回の記事をUPしてから、
頂いたコメントを読んだりお返事したりしていたら、
ますます、”コッツウォルズ回想”モードに入り込んでしまいました。

訪れた時と、今の天候が似ていると、
その時の感覚が更に呼び戻されてしまう。

時間の経過も地理的距離も、軽くのり超えて・・。


d0026414_2127730.jpg


・・・水辺のベンチ・・・ 

ベンチと川の写真を撮っていたら、
みるみる集まって来た水鳥たち。

しばらく、囲まれてしまいました(!)


( Lower Slaughter)


d0026414_21271654.jpg


Bathからレンタカーを借りて、
コッツウォルズで最初に訪れたのが、
ここ、Chipping Campden。

B&Bに入り、この壁面を見て感涙。
大好きなシシリー・メアリー・バーカーの
”花の妖精”プレートが!!!




d0026414_21272526.jpg

一枚一枚、眺め尽くしてしまいました。 


d0026414_21273594.jpg

ラブリーなお部屋。
このB&B、まだあることを発見。
雰囲気が、少し変わったかな??


d0026414_21274599.jpg

こちらは、別のB&Bの朝食。
暗いけれど、8時は過ぎていたと思います。
12月後半の英国は、朝9時でようやく明るくなります。
暗い中での朝食って、なんだか不思議な感覚。


d0026414_21281033.jpg

朝食アップ。

こうして見ると、一つ一つは、何てことないように見えるけれど、
美味しいんですよ、イギリスのブレックファースト。

STOW-ON-THE-WOLDのB&B、
こちらも見つかりました


d0026414_21281822.jpg

セルフサービスの、
シリアル類とフルーツ。

Stow-on-the-Woldには、アンティークのお店が沢山あり、
カップ&ソーサーやプレートなど、
一目惚れした品々をお持ち帰りしました。

Chippin CamdenとこのStow-on-the-Woldが、
コッツウォルズの”2大お気に入り”かも知れません。







[PR]
by juno-7 | 2012-02-06 22:05 | 旅・街・スナップ