・・・花に想いをのせて・・・

脱線中

今、3月の企画展に向けて、
出品する写真の選定とデータの作成に大忙し。

・・・のはずなのですが、
忘れかけていたファイルが出てきたりして、
ついつい遊んでしまいました。

d0026414_1916959.jpg

「裏路地のカフェ」

カフェ?レストラン?
それとも喫茶店??

裏路地にひっそりと佇む、老舗のお店。

心引かれながら、
いつも遠巻きに眺めるだけ。

通りがかりのよそ者には、
どこか、敷居が高くて。





ヨーロピアン(?)の色調にして遊んでみました。

もともと、フィルムで写真を撮っていたので、
デジ一を使うようになっても、
データをいじることには抵抗がありました。

コントラスト調整?だめだめ。
トリミング? それはご法度。
文字入れなんて、もってのほか!

おまけに、
”ネイチャー写真”撮影家、のつもりだったから、
人工物など入れません。

大切大切なフィルムだから・・・、
純粋なる自然のため、だけに使いたい。

”決して修正の効かない一枚”のため、
シャッターひとつに、どれだけ神経を使い、
魂を込めていたことでしょう。

それも、デジカメがやって来て、
すっかり形勢が変わりました。

撮った先から結果が見えて。
撮られた先から、消えてゆく画像が増えて。

それでも、気軽に撮った一枚から見つかるものもある。

どちらが良いのか、悪いのか。

その、どちらでもない。
ただ、撮り方が変わっただけ。

それでも、一枚に込める想いは、
時を大切にするように、
軽んじてはならないものだと、思うのです。

d0026414_1923075.jpg

「窓と蔦と椅子」  


あなたは、レタッチ容認派?
それとも反対派??

私は、あまり拘らないで
遊んでみるのもいいかな、と
最近は思うようになっています。
理想の画像を創れるのなら、それもアリかな、と。 

[PR]
by juno-7 | 2008-02-27 19:23 | 椅子のある風景