・・・花に想いをのせて・・・

秋色アジサイ~フランス、Normandy~

フランスの秋色アジサイ・レポート第一弾です。

前回、ちょっとレアなミニ薔薇をご紹介したので、
レア繋がりで・・・、日本では珍しい?と思われる秋色紫陽花でスタートします。

d0026414_22113762.jpg

1200種類、2000株の紫陽花が植えられているというアジサイ園の中で、
私が最も魅せられたのが、この
"Flamingo"
という名が付けられている品種でした。

派手さは無いのですが、静かな存在感を放ち、
惹きつけられたまま、その色が心の中に沁みてゆくような・・・、
不思議な感覚を覚えました。





名前のプレートです。
スイスで品種改良されたものの様です。
d0026414_22155925.jpg


***追記***

今回アジサイ園を訪ねて面白かったのは、
秋色紫陽花と共に、”秋色になる前”の状態も一緒に見れる株が
沢山あったことです。

”秋色になる前”とは、つまり、日本で梅雨の時期に咲いている
普通のアジサイの状態なのですが、
「あ、この色のアジサイが、フランスではこういう秋色になるのね」
というのが良く分かる訳です。

ちなみに、今回ご紹介したアジサイは、
うす紫色の、日本でもよく見かけるような額アジサイ、なのですよ。

この画像、アジサイ園のオーナーさんにお送りしたところ、

"Looked at your beautiful picture of 'Flamingo' ? or rather 'Buchfink' ?"

というお返事を頂きました。

「"Flamingo"ではなくて、"Buchfink"じゃないのかな?」とのこと。
すぐ下にあったプレートを写して来たのですが、間違っていたのかも知れません。

今アジサイ園は、私が訪れた時ほどには見頃ではなく、
そろそろ霜も降りて、秋色アジサイも終わってゆく時期だそうです。



[PR]
by juno-7 | 2008-11-22 22:50 | 花ひらく