・・・花に想いをのせて・・・

カテゴリ:刻まれた時( 4 )

「刻まれた年月」

d0026414_17572012.gif今日は、「三信ビル保存プロジェクト」のご紹介をします。ネットの中を巡っていてこのサイトに行き着き、三信ビルが解体される運命にあることを知りました。

私個人では、「あの歴史的建築物が解体される・・・」→「残念、写真に収めておこう」、これで終わり。しかし、保存の為の提案書を作製し、ネットで呼びかける、という、保存への思いを行動へと移された方がおられます。その方のサイトがこちらです(左上のロゴをクリック)。
微力ではありますが、私のブログでもこのサイトを紹介し、また、写真という媒体を通じて、私なりのメッセージが伝われば、と考えました。
d0026414_12383659.jpg
一階から上を見上げたところ。前回の、2階テラスから撮影したものとは、また違った様相。
どこから見ても美しい。とにかく、美しい・・・。この建物を構成する、ひとつひとつが。
d0026414_12385865.jpg
昇降機、近景。写真が、この存在感を語ってくれているだろうか。
d0026414_12391358.jpg
色、つや、形。それらの素材をもって、完璧ならしめたのは、「刻まれた時」。
(この写真を撮った直後、この階段から降りてくる警備員さんを見て固まる私。警備員さん、まっすぐに私の所へやって来たー。)
d0026414_12555380.jpg
階段を昇る、あるいは降りる、という行為が、単なる日常のそれとは感じられなくなるー。一段、一段を、いとおしむように。

More
[PR]
by juno-7 | 2005-09-25 20:48 | 刻まれた時

刻まれた時を求めて

今日は一日中遊びまわって帰りが遅くなり、お風呂から出て一息ついたらこんな時間。
今晩、レトロ建築写真をUPしようと思っていましたが、沢山あって一日ではとても終わらないので、
シリーズ化することにしました。

撮影ルート(9月20日):
東京駅丸の内北口→八重洲ビルヂング→以前勤務していた会社→
三信ビル→東京フォーラム→上野駅。

全部で5回位になりそう。毎日続くと、建築ブログになってしまう(!)から、気が向いた時に・・・。
今日は、今回の撮影の主目的であり、解体が決定してしまった三信ビル(有楽町、1930築)で撮った写真の一部をご紹介。

三信ビルは、この近辺を「庭」とされている、hide_1510さんにリクエストした所、素晴らしいお写真でレポートして下さり、やはり自分の目で見て、自分の写真に収めなければ、という気持ちに駆り立てられての訪問となりました。
d0026414_18242468.jpg
三信ビル、二階のバルコニーから

d0026414_12472898.jpg
昇降機。どこか異次元の空間へと連れて行ってくれそう・・・。

More
[PR]
by juno-7 | 2005-09-24 03:07 | 刻まれた時

アンティーク

時を刻んだ古いものが大好き。
イギリスへ行くと、アンティークショップ巡りだけをして一日が終わることがあります。
たいていの骨董品はとても高価です。でも、買うことはできなくても、
見ているだけでも幸せを感じます。

先日、e-bayで落札したアンティーク品が小包で届きました。
海外のオークションと言えば、サザビーのオークションが有名ですよね。
有名画家の作品が高値で落札されるのを、TVニュースでタメイキと共に
眺めていたっけ。21世紀になり、自宅にいながらにして海外のオークションに
自分が参加できるなんて、かつては想像もしなかった!
d0026414_1822254.jpg


More
[PR]
by juno-7 | 2005-06-02 19:52 | 刻まれた時

アンティーク

アンティークや骨董が好きで、細々と収集しています。
初めてイギリスを訪れた時には、イギリスという国自体が
「アンティーク」の趣で、収拾が付かないくらいに興奮したものです。
どこの家にも、先祖代々伝わるアンティークの家具などが
普通に使われていて、初めての訪問者には、各々の”いわれ”を
説明するのが儀式(?)なのかな、と感じました。
d0026414_1918039.jpg

こちらの椅子は、そのイギリスからやって来たチャーチチェア。
背の部分に、聖書を置くBox状のものが付いています。
新しいものが多い我が家の雰囲気を、その存在感で引き締めてくれています。

少しだけでもいいから、大好きなものだけに囲まれて暮らしたい。
「すっきり」そして「シンプル」に。
モノも、時間の使い方も、自分自身も・・・。
目下の目標です!

[PR]
by juno-7 | 2005-05-19 19:43 | 刻まれた時