・・・花に想いをのせて・・・

<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

roses in the rain ~雨のバラ1~

バラのお庭を訪問させていただく、約束の朝。
目が覚めたら、外はすごい雨の音ー。
「最悪・・・」。

友人から電話もかかって来る。
「どうする?」
「行く、傘さしても、行く」。
すごい雨だったけれど、バラを見に行く、という決心は揺らぎません!

d0026414_20102462.jpg
「雨の贈り物」
傘を差しながらの撮影。足元ぐじゃぐじゃ。シャッターを切るのが精一杯。
後から良く見たら、「えっ、けっこういい感じに撮れてる~」。
もっと撮ればよかったな・・・。


d0026414_19322251.jpg
「雨に香る」
ようやく雨も小降りになって来た、3件目のお宅にて。
花の向きが構図的に気に入って、何枚もシャッターを切った。
もちろん、花の色も好き(バニラ・アイス色!)。

(追記:「和音」という名のようです)

d0026414_19511149.jpg
「何を想う」
開花していきなりの雨。
花は、どんな気持ちで咲いているのだろう。

(追記:「ストロベリー・アイス」という名だそうです)

[PR]
by juno-7 | 2006-05-31 20:27 | 花ひらく

ご近所のピエール・ドゥ・ロンサール

やはり記憶がフレッシュなうちに。
ご近所さん宅の、ピエール・ドゥ・ロンサール。今朝、撮れたてです。
d0026414_21321244.jpg
まだまだ写真はあるけれど、とりあえず今日はこの一枚。
今見てみたら、今日は600カット・・・。抜け殻状態です。
疲れていたのでオフにするつもりだったのに、ガンガンいってしまいましたー!
(そして明日は、楽しみにしていたバラのお宅訪問、早く寝なくちゃ。)
[PR]
by juno-7 | 2006-05-27 21:39 | 花ひらく

国際バラとガーデニングショウ 2

「第8回 国際バラとガーデニングショウ」レポートその2。
ほとぼりの冷めぬうちに・・・ガンガンと行きたいと思います!

今回は、私も昨年9月に訪れたあの、「バラクラ・イングリッシュガーデン」のケイ山田さんのお庭です。テーマは、
「The Healing Garden-噴水のある庭-」。
d0026414_19205312.jpg
真ん中にある球体は、英国で求められたという噴水だそう。
ひとめ見た瞬間、占いなどで使う「水晶玉?」と思い、不思議で、神秘的な印象を受けたお庭。写真を撮る時にもその印象を意識していたのですが・・・伝わるでしょうか?!
このお庭のテーマ・カラーは「白」のようです。手前に見えているのは、アーティチョーク、かな?

d0026414_19301273.jpg
ホスタをポイントに撮影。その隣の白っぽい葉っぱはなんだろう。
全体的に、白い小さな花や白バラ、シルバーリーフで囲まれ、清楚で静かなガーデンです。
ところが同じお庭の裏側へと向かうと・・・。

d0026414_1943463.jpg
ジャンジャララッチャ、チャ~~♪!♪!突然フラメンコの音楽でも流れて来そうな、情熱の楽園がー。
うわぁ、眩しい!!この対比はなに!?レンガのアーチのこちら側は光の国です。
d0026414_1948257.jpg
ここでもホスタを主役に撮って見ました。光の楽園にも、すっかり溶け込んでいるホスタです。

*さて~、国際バラとガーデニングショウ報告はまだまだ続きますので、またいらしてくださいね♪
[PR]
by juno-7 | 2006-05-23 19:19 | ガーデン

国際バラとガーデニングショウ 1

今年の「国際バラとガーデニングショウ」は、私好みの出展が多すぎ!
初めて訪れた去年も大変な興奮状態でしたが、今年は次から次へと力を込めてシャッターを切りたくなるガーデンが現れ・・・、休む間も無くハイになったまま、降りて来れない状態でした。

写真を撮っている時もそうだったけど、こうしてPCに取り込んで眺めてみると、目移りしてしまい、どれから紹介しようかなかなか決まらない。少しずつ、ご紹介してゆきますね。

d0026414_0204957.jpg
コンテスト・鉢植え部門に出品されていたバラ。名前を書き留める余裕は全くなく・・・。

d0026414_0182867.jpg
気分がハイ続きだった原因はこれ、「椅子」です。
今年の出展、「椅子がテーマ?」と思う位に椅子を配したお庭が多かったのです!

今回は公式ガイドブックも買ってきたので、ここにUPする際にはデザイナーさんのお名前もご紹介して、と思っていたのですが・・・、このお庭の作者さん、見つけられません。スミマセン。
[PR]
by juno-7 | 2006-05-22 00:39 | ガーデン

ヤギと戯れた休日

GW中に、元職場の同僚が経営しているイチゴ園へ遊びに行きました。
到着してすぐに出して貰ったのは、お茶ではなくて・・・搾り立ての”ヤギ・ミルク”!!

「あっちの、土手の所にいるよ。生まれたばかりの子ヤギもいるよ」。

イチゴ狩りもそこそこに、一人カメラを持って土手の方へ行ってみました。
だってヤギの笑顔・・・、大好き!!

あっ、いたいたいた、微笑んでる!のどか~~~。
d0026414_17483980.jpg

もっと近くへ・・・。そろ~り、と。
d0026414_17424454.jpg

子ヤギは元気一杯、飛んだり跳ねたり。
d0026414_17543196.jpg

写真を撮っていたら・・・大接近!えっ、なに~?ガブリ!母親のお乳と間違えてるー!
ん・・・でも、とってもやさしいカミカミ(うちのワンが仔犬だった頃と大違い)。
d0026414_17135491.jpg

ボクたち3匹兄弟。まだ、生まれて2週間なんだよ。
d0026414_1865491.jpg


もう一枚・・・
[PR]
by juno-7 | 2006-05-13 18:29

GWの旅

GW中はあっちこっち動き回り、たくさんの写真を撮って来ました。
今日は、縁あって訪れた栃木県・宇都宮市で出合った教会の写真(久々の「建築」カテゴリー!)。
縁あって・・・、というのは、例によって朝起きてから「よし、今日は○○だー!」と行き先を決めた為に、お宿が取れなくて。
行き先がギリギリまで決まらなかったのは、「行きたい撮影地」が見つからなかったから。よく考えたら、GW中って、私が「撮りたい!」と思う花があまり咲いていない端境期。

それでもどこかに行きたくて、今までも季節はずれの五色沼とか、日光とか、那須とか、富士山とか、行っては、「あれれ、何も咲いてない??新緑もまだ?」・・・ってことが起き勝ちだったっけ。
それで今回は、鹿沼にあるシャクナゲパーク→矢板にあるつつじの公園→矢祭にあるつつじの公園、と、つつじ系を巡る旅を計画してみたのです。

途中、日光に一泊、の予定が予約を入れられず、急遽宇都宮へ。
そこで見つけた、宇都宮が産地である「大谷石」で出来た教会です。
d0026414_0461336.jpg
1932年完成。スイス人建築家、マックス・ヒンデル氏による設計のカトリック教会。
d0026414_0463378.jpg
お庭のマリア像の手前には季節の花々が。
d0026414_0464339.jpg
横へ廻ると、こちらにも美しい花壇が。

教会の中は・・・
[PR]
by juno-7 | 2006-05-07 23:48 | 旅・街・スナップ

青いドレス ~ムスカリ~

庭の表情は日々変わり、写真もいっぱい撮っています。
でも、ここでの紹介が追いつかなくて・・・。ちょっと前に咲いていたムスカリです。
d0026414_23154853.jpg

まだ高校生だった時、いとこのお兄さんの結婚披露宴に招待されました。
その時に買ってもらった、シルクで出来たパフスリーブの青いドレス。
色といい、形といい、このムスカリに袖の部分がそっくり。
ずっと気が付かなかったけれど、マクロレンズを通してみた時に、
ふぅ~っと、記憶が蘇って来ました。
引越しの際に、思い切って処分してしまった、今はもうない、青いドレス・・・。

メインのサイトに、一枚だけ桜の写真をUPしました。
以前、桜の咲く季節に書いた詩(もどき)付きです。よろしかったらご覧になってくださいね☆
[PR]
by juno-7 | 2006-05-01 00:05