・・・花に想いをのせて・・・

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

アナベルの館へようこそ。

d0026414_20113487.jpg
「鉄の扉の向こうには・・・」

毎年会うのが楽しみな、白いアジサイ。
この重い鉄の扉の、錆び具合がたまらない。
足を踏み入れるたびワクワクする、大好きな場所。

d0026414_2025288.jpg
「アナベルの小径」

古びた椅子に腰掛けて、
ヒトヤスミ。


アナベルの館は・・・、
[PR]
by juno-7 | 2006-07-29 22:13 | 椅子のある風景

アジサイ・クラシコ 2

d0026414_19513899.jpg

「どっち?」

色づいているの?
枯れてゆくの?
終わりなの?
始まりなの?

答えは・・・ぜんぶ!
まぁるく 廻って
あじさいの季節は
果てしのない物語


d0026414_2065456.jpg

「やっぱり七変化」

どこまでも青く、鮮やかな、曇りの無い青。
我が家のアジサイ達は、ピンク色も、紫色も、
みんなそろって青になる。

でも、
ここに来てちょっと、今年は様子が違う。
やっぱり君は、七変化!


d0026414_2012734.jpg

「青い花束」

ほんのりと、色づいて。



7月13日の我が家の庭の様子でした。

もう一枚・・・
[PR]
by juno-7 | 2006-07-24 19:54 | ガーデン

雨のジュリア *2番花*

今日は朝から一日、ずっと雨降りでした。
3連休もあっという間に終わり、明日は火曜日・・・。
来週は仕事のピークを迎えるので、週末はゆったり・のんびりと過ごしました。

さて、梅雨はアジサイに目が行きがちですが、
庭のバラたちも、暑そうに(?)2番花を次々と開花させています。

蕾の時から一部が茶色くなっていたり、
花びらが虫にかじられていたり、
ミニバラのように小さくなっていたり、
朝開いてきたかな~、と思っていたら、夕方には全開になっていたり・・・、
初夏のバラ(&バラ撮影)は受難続き!

d0026414_15283274.jpg
昨秋、我が家にやってきたジュリア。
花弁がかじられているのが分かるでしょうか。
犯人は誰ー?!

d0026414_15284344.jpg
「Julia after the rain」

ひとしきり降り続いた雨が止み、
うっすらと陽が射して来た・・・。

d0026414_15285331.jpg
「a drop of Julia」

ジュリアのしずく。
やさしい色をしています。
こぼれ落ちてしまわないように、
息を止めて、
そぉ~っと、シャッターを押します。


[PR]
by juno-7 | 2006-07-17 15:30 | 花ひらく

アジサイ・クラシコ

d0026414_1635172.jpg
 
「Ajisai Classico」

前回ご紹介した写真の中では、真っ青に色づいていたアジサイ。
少しずつ、少しずつ、退色し・・・、こんな感じになりました(7月9日)。
どことなーく、懐かしく、クラシックな印象を受けたので、
”Ajisai Classico”
と名づけました。
いくら眺めても飽きず、いくら撮っても終わらず、
先週はこのアジサイを撮ることが、夕方の帰宅後の日課でした。


d0026414_164141.jpg

「アジサイの涙」

涙のわけは・・・。


More
[PR]
by juno-7 | 2006-07-15 16:41 | 花ひらく

地上から見ると・・・

”小さな楽園”はこんな感じ。
6月終わり頃の様子です。
d0026414_17475350.jpg
今年は例年になく、色鮮やかだった我が家のアジサイ。
数日前から、だんだんと色が褪せてきて・・・、
それがまた、どことなくクラシックで、とってもよい感じなのです!
(次回掲載予定)

d0026414_17472929.jpg
ここには4種類のホスタを植えています。
手前のものは2年目、後は今年植えたので、まだ小さいです。

d0026414_17474389.jpg
この撮影の後、花芽がぐんぐん伸びて、今は花が咲いています。
でもホスタって・・・、葉っぱだけの方が何故かお気に入りー。
シェード・ガーデンを静かに、華やかに演出してくれるホスタに、今夢中です!
[PR]
by juno-7 | 2006-07-10 18:14 | ガーデン

「日常」という名の・・・

d0026414_13251983.jpg

小さな、私の楽園。

少しずつ、作り上げてきた。

そして、これからも、
創り続ける。


***

どこか、遠くに撮影地を求めるのではなく、
ほんの”日常”の中に、「美」を見出す。
これが私の理想です。

世界は、宇宙は、とてつもなく広いものですが、
宇宙の広がりは、
自分の掌の中にさえ、無限にあるのではないでしょうか。

それを、見ているか、見ていないか。
見ることができるか、出来ないか。

自分の中に広がりを持たなければ、
遠くまで出かけていったとしても、得るものは限られるでしょう。

私にとっての”楽園”も同じで、
どこか遠くまで出掛けて行って探すべきものではなくて、
「ここが楽園」。
そう、この言葉が好きなのです。「ここが、楽園」

そんなことを、引き続き考えています。
(↑”考えてないで、早く撮れば~?”と、つっ込まれますね・笑)

最近あまりご紹介しなかったのですが、
マイ・ガーデン写真もずっと撮り溜めています。
今日は、全体像(の一部)を公開しちゃいました~。
(つづく)



[PR]
by juno-7 | 2006-07-08 13:45

Paradise

d0026414_19505861.jpg


「楽園」

昨日お風呂に入っている時に突然、
「楽園」、
という言葉がやって来て、どうしても頭から離れなくなった。
それで、
「自分にとっての楽園って何だろう」とか、
「楽園って、どういうイメージ?」とぐるぐる考えている内に、
このテーマで写真を撮ってみたくなった。

写真のテーマをしぼろう、と言っている時ではあるのだけれど・・・、
せっかくやって来たインスピレーションなので、ちょっと温めてみようかな、と。
(一つ位増えてもいいかな・・・、やりたいテーマが多すぎて困る!)

そして、今イメージできる”楽園”って、今まで撮って来ていたものとは
対角線上にあるように感じている。

それで一人で今、ワクワクしています。


[PR]
by juno-7 | 2006-07-04 20:14 | 花ひらく