・・・花に想いをのせて・・・

<   2006年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

秋色アジサイを探して3

d0026414_18262952.jpg
「大地に伏して咲く」

梅雨に咲き
夏が過ぎ
・・・秋になっても まだ、
君はそこに居てくれる?



[PR]
by juno-7 | 2006-08-27 00:46 | 花の終り

himawari

d0026414_10585034.jpg

「それぞれの夏」

8月も残りあと一週間。
学生の頃のなごりなのか、
”今年の夏は・・・”と、総括したくなってしまう。
まだまだ、暑いけれど。


More
[PR]
by juno-7 | 2006-08-24 11:21 | 花ひらく

秋色アジサイを探して2

ほんのりと「秋色」になって来たアジサイ。
まだまだ綺麗だったのですが、来年の花芽のために思い切ってカットしました(7月26日)。
水に挿すと、切る前に増して色鮮やかに。

d0026414_19494079.jpg
「アジサイと古い椅子」

窓辺の光に包まれ、より鮮やかに咲く。



d0026414_19495343.jpg

この数日後、水から揚げてドライにしました。
ドライ紫陽花も、秋色アジサイも、UP待ちの写真が溜まっていますー。
まだまだ続く、アジサイ写真にお付き合いくださいね。
少しばかり、ピッチを上げるつもりです!

☆ところで、「秋色アジサイのリネン生地」にうっとり。
実際に手に取って見たくてたまりません。
リンクさせていただいている、gardenview3nightsさんのブログで紹介されています☆
[PR]
by juno-7 | 2006-08-20 01:03 | 花のあと

秋色アジサイを探して1

「秋色あじさい」ってご存知ですか。
私は今年始めて知りました。
”新種のアジサイ?”と始めは思っていたけれど、その定義はどうも、
「季節を過ぎ、色が変わってきたアジサイ」
のようです。

少しずつ撮り溜めた「秋色あじさい」を、シリーズ化してご紹介します。
アジサイの季節はまだまだ終わりません~。

d0026414_14351398.jpg
「大樹に凭れて咲く」

”寄りそって咲く”と書きかけて修正。
咲いているのか、枯れつつあるのか、アジサイは
力無く、傍らの大樹に身を任せていた。


今週の月曜日に撮影(変換してみて知ったのですが、↑”もたれて”と読みます)。
ご存知のように(?)、私は今夏眠中なのですが、
月曜日の午前中はやや涼しく感じられたので、お手軽な、”歩いて2分の公園”へ行って見ました。

More
[PR]
by juno-7 | 2006-08-18 14:37 | 花の終り

アナベル

d0026414_15162232.jpg
「花影」

しゃがみ込んで、空を仰いでみる。
ちょっと視点を変えると、
見えなかったものが、見えてくる。


d0026414_15214942.jpg
「光に透けて」

繊細なレースのような、初夏のアナベル。
光のレース、そして
影のレース。


d0026414_15164571.jpg
「緑の地図」

運ぶものは、命の源。
目的は、花を咲かせること。


More
[PR]
by juno-7 | 2006-08-14 17:55 | 花ひらく

アナベル・ガーデンへようこそ。

我が家のアナベルを紹介し忘れていたことに気が付きました。
昨年鉢植えでやって来た時はほんの50cm位だったのに・・・。

d0026414_19253715.jpg
今年、7月29日の様子。
ものすごい成長ぶりで、私の首の高さにまでなりました。
その後ろに植えてあるユリ(カサブランカ)が競うように伸びたのですが、
一気に咲いたその日に、大雨が降って倒れてしまいました。写真は最後の一輪。

そして、↑写真右端にチラと写っているコオニユリー。
d0026414_2045332.jpg
「甘い蜜」


動く被写体は苦手です。
シャッターを押すタイミングが絶対にずれる(=遅れる)から、ほとんど撮らない
のですが、このアゲハチョウ。われも忘れて吸蜜、近づいても、シャッターを切っても、
まったく動じません(笑)おかげで、珍しくこんな写真が撮れました。

More
[PR]
by juno-7 | 2006-08-10 19:21 | ガーデン

「いのちの小船」

少し前から、出来るだけ写真のタイトルを考えるようにしています。
写真だけを見て自由に感じて頂ければそれでよいのですが、タイトルを付けることにより、
私なりの視点をお伝えしてみるのもいいかな、と思って。

タイトルを付けようとしてみて気が付いたこと。
「何となく撮れてる」という写真には、いくら考えてもタイトルが浮かんでこない。
無理やり付けてみても、タイトルだけが変に浮いていたり。

被写体から強く感じるものがあり、突き動かされるように撮った写真には、タイトルが
”ふわぁ~”っと、自然にやって来ます。
そして、画像に言葉とが”ピタリ”とハマった時は、気分爽快!
・・・とは言え、なかなか上手くは行きません。まずは、タイトルがやって来るような写真を撮らなくては。

d0026414_1132355.jpg
「いのちの小船」


今日の写真のタイトル、
”いのち、だなんて大袈裟では?”と思われてしまうかもしれませんが、
散ったばかりの花びらの美しさには、いつも強く惹き付けられます。
散ることにより、”花としての命”は終わってしまいますが、
この世から消えて無くなる訳ではありません。
池の水の中で分解されながら、姿を変え、別の形でその命は巡ります。

撮影中はそんなことまで考えたりはしないけれど、
後からその時の”感動”を分析しながらタイトルを考えるのも、楽しい作業です。
[PR]
by juno-7 | 2006-08-07 18:02 | 花のあと

暑中お見舞い申し上げます

”夏”っていうのは自分のイメージではないなぁ、と思っているのですが、
せっかく梅雨も明けたことなので、”夏”写真です。
これだけ花の写真を撮っているのに、ハスを撮りに行ったのは
この人生で3回。ヒマワリに至っては、たぶん1度きりです。
実は・・・夏に入ると、「夏眠」状態にはいります(笑)

d0026414_1824165.jpg

毎年、夏に入った頃に体がついて行けなくて体調をくずします。
今年は6月末から暑かった上に、ジメジメした梅雨が長引き、早々と夏バテしていました。でも、ここ1週間程、涼しくて過ごしやすいですよね。
それで、食欲も復活してきて、まるで「冬眠前のクマ」のように、モリモリ食べています。
いつまた食べられなくなるか分からないから、今のうち!です。

ご飯が美味しく食べられる、というのは本当に幸せなことです。
皆さんも、たくさん美味しく食べて、元気に夏をお過ごしくださいね☆
[PR]
by juno-7 | 2006-08-02 18:24 | 花ひらく