・・・花に想いをのせて・・・

<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

梅雨入り記念* & 梅雨旅(?)へ

関東地方、梅雨入りいたしました!
5/29というのは例年よりも10日早いそうです。
薔薇の開花も駆け足だったので、そろそろかな、と思っていましたが、
5月中の梅雨入りは早いですね。

ということで、「梅雨入り記念」画像です。

西フランス、ブルターニュの小さな村で撮った写真。
”梅雨”とは呼ばれてはいないと思いますが、
Parisと比べると降水量が多いこの地域。
アジサイが確かに好む気候のようです。



d0026414_23115265.jpg


「青い空・青いアジサイ」


以前もご紹介したことがある場所ですが、
こちらは少し角度を変えて撮っています。

先日この写真でポストカードを作成し、
Cafe24&Beachさんに納品いたしました。

”海”の気配を感じるCafe24&Beachさんですが、
この画像の中にも≪海≫が写っているんですよ。
探してみてくださいね♪



****


そして・・・、
明日から≪旅≫に出ます。
春旅?・・・梅雨に入ったから、梅雨旅??
いえでも、梅雨はない場所と思うけど、
でも天気予報をみる限りは雨がちで・・・、って場所です。
また現地から、もう一つのブログの方にレポートいたしますね♪








[PR]
by juno-7 | 2013-05-30 23:27 | Event & news

薔薇週間*

3月中早々に咲いた桜同様、
駆け足で過ぎてゆくかのような今年の薔薇。
しかも、私の好きな天候がなかなか来ない・・・。
今日、ようやく朝から曇り空!5時前に起きて出動!!



d0026414_2248846.jpg


 初めて見た時から、すっかり一目惚れ。
今まで出会った全ての薔薇の中で、一番好きな、絶対不動の
ジュビリーセレブレーション。

それ以来毎年、
Fさま宅ローズガーデンへ逢いに出掛けてる。



d0026414_22474380.jpg


一目惚れしたのは、
『理由がない』、が理由かなぁ。
考える間も無く決まることだから。

一目惚れみたいにしてサクサクと、
どんなことも決めて、進めて行けたらいいのになぁ、と
ふと思った。


(考えたくないのに、
考えないと決まらないこと、
または、
考えてもなかなか決まらないことが、
多すぎると感じているのです。
決めることのために、考えるエネルギーを費やしたくないのだけど。)





d0026414_22482259.jpg


ほんわか、ぷっくりハート。




 

[PR]
by juno-7 | 2013-05-26 23:15 | 花ひらく

雨の庭から


今日は一日雨なのかな。

d0026414_14205773.jpg



薔薇が咲いてきてからは、たしか晴天続きだったこの頃。
身も心も、どこか乾ききっていた私には、恵みの雨だ(薔薇じゃなく)。
空気も久しぶりにヒンヤリしていて、
それでいて、花粉問題もようやく解消していて、
≪私の季節≫が到来したか?!と感じている。
今日はもっとずっと降り続けていて欲しいこの雨。




d0026414_1421494.jpg


長らく音信不通になっていた人から、メールが届いた。
仕事の途切れ目で、雨が降っていて、
退屈しているらしい。
退屈でも何でも、こんな雨の降る日に、
私のことを思い出してくれて、
それで連絡してくれたことが、
何だか無性に有難く思える。
何度も何度も思い出すことはあっても、
ただ思っているだけの私であったのに。




d0026414_14211083.jpg



さて・・・、今日の仕事に戻りましょう。
あ、その前に、お昼ご飯食べなくちゃ。
え、もう3時?!





[PR]
by juno-7 | 2013-05-20 14:48 | 花ひらく

エクスのパン屋で。


ワンコと自転車と美味しいもの。
大好きが”テンコ盛り”の写真です。



d0026414_18253245.jpg


・・・美味しそうだワン・・・


うっすらと・・・お顔も写ってます♪



***


Aix-en-Provence



[PR]
by juno-7 | 2013-05-14 18:34 | 旅・街・スナップ

アルル・・・藤の花

アルルの写真、もう一枚行きます♪


d0026414_2334935.jpg


「アルルの男の人」


アルルの古代劇場を囲む壁。
そこに覆い被さるようにして、藤の花が咲いていた。

カメラを向けて撮り始める。

そこに、怯むこともなく堂々と入ってきて、
腰かけてしまう、地元人らしき男性。

じいぃっと、こちらを見つめている。
撮ってよいのか分からない。
分からないまま、シャッターを押した。

穏やかに歳を重ねたゴッホに、
遭遇したかのように思えてしまった、
アルルという街で。





***




d0026414_23195919.jpg


その背後にあった、
プロヴァンス生地のバッグ屋さん。

シックな街並みにあって、
鮮やかな色合いは心地よい。
自然と、引き寄せられてしまう程に。







[PR]
by juno-7 | 2013-05-04 23:39 | 旅・街・スナップ