・・・花に想いをのせて・・・

2014!



新年あけましておめでとうございます。




d0026414_00062774.jpg




新しい年が明けました。

元旦の画像は今年も青空。
実は曇り空やうす曇りの空も好きだけれど、
今の時期は青空と雲と陽の光がもっと好きになる。

この画像は、プロヴァンスの旅で訪れた、
ポン・デュ・ガール(ガール橋)。
ローマ時代に作られた水道橋です。

この光景にはぜったいに青空が似合うと思ったから、
「必ず青空が出ますように!」と
旅前からずっと念じておりました。
そうしたら、見事に晴れ!
このつい前日には
ミストラルが吹き荒れていましたし、
同日の深夜には、外は嵐のような風雨。

新年も様々な幸運を次々に引き寄せます!
皆さまの元にも嬉しい出来事が
たくさん訪れる年になりますように☆



☆・・・・More・・・☆
[PR]
# by juno-7 | 2014-01-01 00:47 | 旅・街・スナップ

落ち葉の季節。

d0026414_20185266.jpg


「銀杏のベンチ」


今日は11月最後の日。

毎年この時期は、
”もう少しゆっくり~”
と願ってしまう。

色づいた葉っぱが地面を埋め尽くし、
それも風に吹かれて消えてしまう頃、
ひときわ、
足早に日々が過ぎる12月になってる。

でも、慌てることなく、
12月も大切に過ごしたい。
時は逃げたりしない。
すべては私の中に、ちゃんとある。





[PR]
# by juno-7 | 2013-11-30 20:45 | 椅子のある風景

紅葉

d0026414_19471652.jpg


9月と10月。
まるまま、飛び越してしまいました。

只今、
頭の中と身の周りを整理中。



 


[PR]
# by juno-7 | 2013-11-18 19:56 | 旅・街・スナップ

ニース* 水を求めてーV

ニースの海の続きです。


d0026414_175038.jpg

 
「ニース海岸と少年」

夕方~夜になると海辺の風は冷えてきて、
人影もまばらになる。

ずっと向こう、写真左手には、
到着翌朝に登った丘が見えている。

あの時見下ろしたのと同じ海を見ている筈なのに、
今日は全く違う景色に見える。
時間帯のせいだけではなくて、
この旅の終わり、見納めの海だからー。



d0026414_1751031.jpg


「マントンのヨットハーバー」

スズキのグリルがハズレだったと前回書いたマントン。
実は海辺の席に座りオーダーした頃から、
強烈な海風が吹き始めて・・・。
ランチが済んで散策中も、
踏ん張らないと立っていられない位。
この日2つめの訪問地だったこともあり、
カメラやバッグがずっしり重い。
集中力を欠いた写真ばかりになってしまった。



d0026414_1751817.jpg

ヴィルフランシュのパン屋さん

ニースよりも、マントンよりも、
もっとずっとこじんまりとしたお気に入りの町、
ヴィルフランシュ=シュル=メール。

パン屋さんの窓。



  

[PR]
# by juno-7 | 2013-08-30 17:41 | 旅・街・スナップ

ニース* 水を求めてーIV

夏・水、と言えば、やはり海!
≪天使の湾≫と呼ばれる広々としたニースの海岸も素晴らしいけれど、
町でも何でも「こじんまり」が好きな私。
ニースからもほど近い、ボーリュー・シュル・メールへ行ってみました。
だって、ここにあるビーチの名は・・・、

≪蟻の湾≫。 

アリんこの湾!
こじんまりして、小っちゃくて、私好みに違いない♪


d0026414_16443746.jpg

  
・・・蟻の湾 Baie de Fourmis・・・


想像していた通り。
平日の朝だからか、人もまばらで、のどかな雰囲気。
また夏に来ることがあったら、ここは第一候補です。

でも、南仏に来て、
「泳ぐことに時間を費やそう」
と思えるためには、かなり通わないとダメだと思う。




d0026414_16444930.jpg

・・・ニースの海辺・・・


こちらは、昨年4月に訪れた時の写真です。

ニースの海岸には、近くのホテルやレストランが出店のような感じで
テーブル&椅子、パラソル、簡単な調理場を構えていて、
お食事したりドリンクを飲んだり出来ます。
ニース海岸のお食事事情って考えたことがなかったから、
「あぁ、こんな風になってるんだ」と印象的でした。
日本にある「海の家」とはずいぶん違うんだな、と。

でも・・・夏の海には長く行っていないから、
日本の海も今は違う?
私の子供の頃の記憶では「海の家」があって、
おでんとか焼きそばとかカキ氷などが出てくる、
そういうイメージなのだけど。




d0026414_16445950.jpg


イタリア国境近く、マントンの海岸。
こちらでは、
海岸沿いの道路にイスとテーブルが設置されてました。

シェフのおススメ、ということで、
Loup grillé aux artichauts 
(スズキのグリル、アーティチョーク添え)
を注文してみました。
普通の焼き魚で、でも冷めていて(撮影してたからかな?)、うーん
手前のポテトだけが美味しかった。
食べ物で外れることは滅多にないフランスでの、希少な体験。




[PR]
# by juno-7 | 2013-08-23 18:37 | 旅・街・スナップ

エクス=アン=プロヴァンス* 水を求めてーIII


引き続き猛暑の日々・・・水の写真を続けます!


d0026414_1722116.jpg


ワンコちゃんも、子供も、大人たちも、
水がある場所には自然と吸い寄せられる・・・。
落ちないでね!


d0026414_17221366.jpg


鳥達もやって来る。

鳩が羽根を広げた瞬間ショット、
水と同じカタチをしているみたいで面白い。


d0026414_1722201.jpg


人通りの多い路上、
カフェの横っちょ、
マルシェが開かれる広場の真ん中ー、
そんな所でよく見かけるエクス=アン=プロヴァンスの噴水だけど、
この場所は珍しく、ひっそりと静か。
水の音色が心地よかった。



d0026414_17222674.jpg


オマケの画像。
エクス=アン=プロヴァンスで宿泊したホテルのロビーです。
修道院を改装した建物とのことで、
チェックアウト後しばし撮影。


Aix-en-Provence


 

[PR]
# by juno-7 | 2013-08-18 17:37 | 旅・街・スナップ

エクス=アン=プロヴァンス* 水を求めてーII

暑さが舞い戻って来ました。

涼しげな≪水≫の風景を求め、
南仏、エクス=アン=プロヴァンスの旅の中から写真を探してきました。

1つ2つと数えながら≪泉巡り≫をしたエクス=アン=プロヴァンス、
泉や噴水の1つ1つが思い出です。


d0026414_14565838.jpg


・・・ワンコの噴水プール・・・


少し暑かった日、
噴水の中で黒ラブちゃんが気持ちよさそうに泳いでる!

楽しくなって写真を撮っていると、
このあとまさかの展開・・・。







何と黒ラブちゃん、私の方を目掛けて・・・。







d0026414_1457693.jpg



ざぶんっっっ
ドバッ

水しぶきが飛んでくるし、何が起きているか分からなくて。
でも、濡れてしまってもシャッターだけは切った!

ワンコちゃんは、私のすぐ横を抜けて、
すごい勢いで、
数10メートル後方にいた飼い主さんの方へ走る走る!

たまたま私が、
ワンコちゃんと飼い主さんを結ぶ直線上に立っていた、
ということだったみたい。


ビックリして悲鳴を上げてしまったので、
周りの人々の注目と笑いの的になってしまいました。


Aix-en-Provence


d0026414_14571490.jpg


また別の場所の噴水(泉)。

レストランは、その名も ≪LA FONTAINE≫。
テラス席は泉を囲むように。



d0026414_14572163.jpg


涼しげ~。
私も飛び込みたい。



[PR]
# by juno-7 | 2013-08-06 15:24 | 旅・街・スナップ

夏色アジサイの庭

前回のユリに続き、今日も7月の庭の様子です。


d0026414_16253724.jpg


 ・・・Juno et Annabelle・・・


アジサイ、”Juno” と ”Annabelle”。

Junoは、北フランスのアジサイ園で分けて頂き、
挿し木をして育て、今は地植えにしています。

アジサイ園のオーナーさんによると、
元々はイギリスのとあるお庭を訪ねた時に、
他のものと一緒に”捨てられていた”そうです。
気になったので拾い上げ、そのアジサイの名を尋ねたところ、
「分からない」と言われ、
自分が”juno”という名を付け持ち帰った、とのお話でした。

これが、アジサイjunoの秘話。

元々は日本原産だったアジサイがヨーロッパに渡り、
数々の品種改良がなされ、
その内の一つがイギリスで育っていた。
訳あってフランスへと渡り、偶然同じ名をなのっている人と
日本へお里帰り。


そして、アナベルの方は北米原産です。


Hydrangea arborescens 'Annabelle'   
Hydrangea macrophylla 'juno'




d0026414_16254467.jpg


夏の強い陽射しがやって来て、
表情が変わったjunoとアナベル。

2008年、フランスで咲いていた時の画像はこちら





*****


以下、インテリアネタです。


More
[PR]
# by juno-7 | 2013-07-31 17:02 | 花ひらく

ユリとアナベルの咲く庭*

昨年の秋、ユリの球根をたくさん買って来て
庭にせっせと植えました。
球根を植えるのは、とっても楽な作業で、その後も放ったらかし。
にも関わらず、こうして華やかに美しく咲いてくれるのは嬉しいですね♪


d0026414_19324731.jpg

 


カサブランカとアナベルとのコラボ。

毎年、アナベルがグリーンになって来たな・・・、という頃に
カサブランカが開き始める。

でも、今年は早々にアナベルが倒れてしまって(何度か続いた雨で)、
カサブランカも同調するように下向きで。
来年はしっかり対策をしましょ。



-Lilium Oriental hybrid 'Casa Blanca'-




d0026414_19331493.jpg


ピンク色のユリは、≪スターゲイザー≫。

キュートにして華やかな、大好きなユリです。



-Lilium Oriental Hybrid 'Stargazer'-



***


ユリは色々な種類を植えたので、また次回へ続きます。

ユリが一斉に咲いて、
「ユリの花園~」な状態になるのを期待していたのですが、
6月下旬から、種類ごとに順々に咲いている状況です。
まだ蕾のものもあって楽しみ♪

***

オマケで、前回のつづきー。



d0026414_193313.jpg
  


More
[PR]
# by juno-7 | 2013-07-22 20:05 | 花ひらく

自宅の秋色アジサイ

梅雨明け直後に猛暑の日々がやって来て、
みるみるアジサイの色が抜けていった。

例年だと、夏になってしばらくは花を楽しみ、
ゆっくりと秋色(っぽく)になるのを眺めながら「切り時」を待つのだけど。

そのままにしていたら枯れてしまいそうな勢いだったので、
早々に救済措置に出ました。


d0026414_1614886.jpg



 真ん中の、”くるん”と向きが変わっている額アジサイは、
2008年の≪初フランス≫で訪問したアジサイ園で頂いた記念のもの。
このアジサイの名は・・・、そう、そう、
juno”!
ちょこちょこと話題にして来たから、覚えてる方もいらっしゃるかしら。


いつも室内撮影をしているのは・・・↓↓↓



d0026414_162616.jpg


こんな感じのリビング・ルーム。
すごく、久しぶりの登場です。


*

6月で、この家に入居して10年目を迎えました。
変化ないなぁ・・・。
このリビングは、クッションが変わる程度の模様替え。
それも極々たまに。

インテリア・・・、もう少し何とかしたい。
もっと色々、心地よい空間を作りたい。
そう思いながらも、優先順位的に後回しにされて、かれこれ10年。

そうそう、この写真を撮った時、
ベージュ色のカーペットをキルトマットに変えたのです。
明るくなって、爽やか涼しげに!

(撮影後、ソファーにもカバーを掛けたので、また後日ご紹介します)



d0026414_162087.jpg



この照明は、
こんな風にアザミやアジサイを吊るすためによく使われてます。



 

[PR]
# by juno-7 | 2013-07-19 16:31 | 花のあと