・・・花に想いをのせて・・・

タグ:空 ( 17 ) タグの人気記事

新年のご挨拶 *2016



*・*・* Happy New Year 2016 *・*・*


d0026414_11554070.jpg


年明けの画像は、12月半ばに訪れた宮古島の海。
遠くに見えるのは、「大神島」という小島です。
船に乗って行ってみたかったけれど、
それはまた次回の楽しみに。

2016年も、たくさんの美しい風景に出会いたい。
美味しいものを沢山食べる。
元気に動き回る。
楽しいお喋り、出会い、笑顔。
家族と、友達と、あなたと。

時をもっともっと大切にできる自分でありたい。

今までも十分にそうだったけれど、
好きなことだけに時間を費やし、
好きなものだけに囲まれて、
ますます自分らしく。

*

更新がゆっくりなブログですが、
見に来てくださってありがとうございます。
今年はもっとここでおしゃべりします☆
どうぞよろしくお願いいたします。



そして皆さんにとって2016年がすばらしい年になりますように。






[PR]
by juno-7 | 2016-01-01 00:00 | 旅・街・スナップ

新年のご挨拶*2015



***** 2015年 *****


明けましておめでとうございます。


d0026414_19365745.jpg



新しい年が明けました。

清々しい気持ちで新年を迎えられることに感謝します。

今年も、沢山の方々、
花々や風景、
動物、
美味しいもの、
言葉や気配などとの出会いを楽しみに、
煌めいて生きてゆこうと思っています。

このブログでも、そうした出会いをカタチにして
表現できたらと考えています。

更新がゆっくりになっていますが、
変らず見に来てくださっている皆さま、
本当にありがとうございます。
そして、
今年も皆さまにとって素晴らしい一年となりますよう
お祈りいたします。

2015年も「花に想いをのせて」をどうぞよろしくお願いいたします☆






[PR]
by juno-7 | 2015-01-03 19:46 | 花ひらく

アルル~星降る夜~

フランス・プロヴァンスの旅から。

2010年開催のオルセー美術館展(東京)へ行った時、
ゴッホの≪星降る夜≫という絵に出会いました。

それがフランスなのか何処なのかも分からないまま、
瞬時に、「あ、私はここに行く」と思った絵。


d0026414_19545381.jpg


「ローヌ川のほとりで」

   アルルへ行きゴッホが描いた場所を訪れると、
絵の中の世界の
圧倒的な力強さ、輝き、独創性を知る。

  今、目の前にある風景よりも、
記憶の中のゴッホの絵の方が
より新鮮に広がり、心を占めていることに気づく。


≪星降る夜≫の絵はこちらから。

La nuit étoilée, Arles (1888-89 Vincent van Gogh )








[PR]
by juno-7 | 2014-01-23 20:24 | 旅・街・スナップ

2014!



新年あけましておめでとうございます。




d0026414_00062774.jpg




新しい年が明けました。

元旦の画像は今年も青空。
実は曇り空やうす曇りの空も好きだけれど、
今の時期は青空と雲と陽の光がもっと好きになる。

この画像は、プロヴァンスの旅で訪れた、
ポン・デュ・ガール(ガール橋)。
ローマ時代に作られた水道橋です。

この光景にはぜったいに青空が似合うと思ったから、
「必ず青空が出ますように!」と
旅前からずっと念じておりました。
そうしたら、見事に晴れ!
このつい前日には
ミストラルが吹き荒れていましたし、
同日の深夜には、外は嵐のような風雨。

新年も様々な幸運を次々に引き寄せます!
皆さまの元にも嬉しい出来事が
たくさん訪れる年になりますように☆



☆・・・・More・・・☆
[PR]
by juno-7 | 2014-01-01 00:47 | 旅・街・スナップ

ニース到着*

2013年のフランス旅行は、ずっとニースに滞在しました。

昨年も4泊したのですが、全く足りなくて・・・、
だから今回は、『旅の続き』
”絶対に戻りたい”、ってずっと思っていて、
そして本当に帰ってくることが出来て、とても嬉しかった。

そして、お天気はほぼ毎日快晴ー!ちょっと雲もあるけどー。




d0026414_19213780.jpg


 「天使の湾」


空を映す鏡のような。



-La Baie des Anges-





d0026414_19214271.jpg


背後の光景は、こんな感じ。
港になっている。
いくつか見えているのは客船かな。
船の旅でこんな街に停泊してみたいー。





d0026414_19215035.jpg


そして、天使の湾の右手にはニースの街が広がっている。

左下端っこの方に見えているのは、
今回何度も何度も通った≪サレヤ広場の朝市≫。

手前の旧市街も、随分歩き回った。
美味しいパン屋さんも、
ブラッセリーも、アイスクリーム屋も、
土産屋も教会も、
すべてがここに詰まってる。




*


旅はまだまだこれから!









 

[PR]
by juno-7 | 2013-06-14 19:48 | 旅・街・スナップ

梅雨入り記念* & 梅雨旅(?)へ

関東地方、梅雨入りいたしました!
5/29というのは例年よりも10日早いそうです。
薔薇の開花も駆け足だったので、そろそろかな、と思っていましたが、
5月中の梅雨入りは早いですね。

ということで、「梅雨入り記念」画像です。

西フランス、ブルターニュの小さな村で撮った写真。
”梅雨”とは呼ばれてはいないと思いますが、
Parisと比べると降水量が多いこの地域。
アジサイが確かに好む気候のようです。



d0026414_23115265.jpg


「青い空・青いアジサイ」


以前もご紹介したことがある場所ですが、
こちらは少し角度を変えて撮っています。

先日この写真でポストカードを作成し、
Cafe24&Beachさんに納品いたしました。

”海”の気配を感じるCafe24&Beachさんですが、
この画像の中にも≪海≫が写っているんですよ。
探してみてくださいね♪



****


そして・・・、
明日から≪旅≫に出ます。
春旅?・・・梅雨に入ったから、梅雨旅??
いえでも、梅雨はない場所と思うけど、
でも天気予報をみる限りは雨がちで・・・、って場所です。
また現地から、もう一つのブログの方にレポートいたしますね♪








[PR]
by juno-7 | 2013-05-30 23:27 | Event & news

マルセイユで見た雲

フランス上空・雲の旅を終え、無事、
マルセイユ・プロヴァンス空港へ降り立ったのは夜7時。

エクス行きのバスに乗り、”やれやれ”と一息ついたと思ったら、
前方に見えてきたのは・・・、
またまた天使の雲

こちらの方は不意をつかれまして、
慌ててカメラを出したり構えたりしているうちに、
少しカタチが変わってきてしまった。
でも、天使のお姿、見えるでしょうか?

日が沈み、一面暗くなってしまうまで、
「目を閉じてはいけない」国ですね、ホント。



d0026414_153738.jpg



エクス・アン・プロヴァンスでは、
今までも何度かご紹介している、≪泉めぐり≫



d0026414_1531863.jpg


こちらは、人の手による天使像。



****


前回ご紹介した、ヘッセの雲の詩。
せっかくなので、別のヘッセの文章もご紹介しますね。


****



広い世界に、私より雲をよりよく知り、私以上に雲を愛する人がいたら、
お目にかからせてもらいたいものだ!
あるいはまた、雲より美しいものが世界にあったら、
見せてもらいたいものだ!
雲は戯れであり、目の慰めである。
祝福であり、神のたまものであり、怒りであり、死神の力である。
雲は、みどり児の魂のように、やさしく、柔らかで、おだやかだ。
雲は、親切な天使のように、美しく、豊かで、恵み深いが、
死神の使者のように、暗く、のがれがたく、容赦を知らない。
*
雲は、幸福な島の形や、祝福する天使の形をとる。
かと思うと、おびやかす手や、はためく帆や、旅ゆくツルに似る。
雲は、神の天と哀れな地とのあいだに、
両方に属しながら、
あらゆる人間のあこがれの美しいたとえとしてただよう。
―いわば大地の夢だ。
その夢の中で大地は、けがれた魂を清い天にまとわりつかせる。
雲は、あらゆるさすらい、探究、願望、郷愁の永遠の象徴なのだ。



*



≪郷愁 Peter Camenzindより≫



*

Hermann Hesse作
高橋健二訳



本当は、もう少し長いのですが、
抜粋させて頂きました。
最も好きな一節があるのですが、
それはまた次の機会にとっておきますね。





[PR]
by juno-7 | 2013-03-16 02:22 | 旅・街・スナップ

白い雲・・・フランス上空

私が見るのと同じように、
誰もが、
目の前にある風景を見るのではないことは確かだけれど、
もう他の何物でもない、と思える程に白い雲は、
クッキリとかたどられていたのです。

この日、リヨン上空辺りでみたもの。




d0026414_18321368.jpg





「白い雲」

おお見よ、白い雲はまた
忘れられた美しい歌の
かすかなメロディーのように
青い空をかなたへ漂って行く!

長い旅路にあって
さすらいの悲しみと喜びを
味わいつくしたものでなければ
あの雲の心はわからない。

私は、太陽や海や風のように
白いもの、定めないものが好きだ。
それは、ふるさとを離れたさすらい人の
姉妹であり天使であるのだから。


*

Weisse Wolken


*

Hermann Hesse作
高橋健二訳



More
[PR]
by juno-7 | 2013-02-28 19:26 | 旅・街・スナップ

新年のご挨拶



明けましておめでとうございます。



*



2013年、
新しい年が明けました。

新年のご挨拶に選んだ画像は、
青空のある風景。

昨年4月に、南仏プロヴァンスの鷲の巣村、
≪Gordes ゴルド≫で撮ったものです。




d0026414_16185680.jpg



今年の抱負等は、
また別途書こうと思っています。

年が明けたばかりの新鮮で晴れやかな気持ちを
まずは写真にのせてみました。

皆さまにとっても、
新しい年が喜びに満ちた日々となりますよう、
お祈りいたします。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


juno*








 

[PR]
by juno-7 | 2013-01-01 00:06 | 旅・街・スナップ

コスモスと観覧車*


d0026414_1994837.jpg



*・・・コスモスと観覧車・・・*


八重のコスモスと観覧車。

どこか似ているように思う。

"まぁるい" ところと、

"ゆったり、のんびり" なところかなぁ。








[PR]
by juno-7 | 2012-10-15 19:22 | 花ひらく