・・・花に想いをのせて・・・

秋色アジサイ・収穫!

秋色アジサイ、収穫しました。

これくらいの色が出たから、
とりあえず成功・・・、ということでいいかな。

d0026414_083398.jpg

ここで秋色アジサイの記事をよく書いているので、
「どうしたら綺麗に秋色になりますか」
というご質問をよく頂きます。

私にも・・・よく分からないのです。

そもそも、今年は咲いた紫陽花の数が少なく、
元気なアナベルは別として、少し寂しいお庭でした。





私の、少ない経験から、ですが、

「アジサイの花がカサカサしてきたかな」
「色合いがいい感じになって来たかな」

という頃、

「気温が高く」
「湿度が低い」

日があったなら、その時がチャンスです。

「気温が高く、湿度が低い」ということは、
アジサイの水分が短い時間で蒸発し、
綺麗な色を保つから。

逆に、
「気温が高いけれど、湿度も高い(70%以上)」
ですと、せっかく剪定したアジサイがなかなか乾燥せず、
その内に色が悪くなることが多かったです。

けれども、高温多湿の日本の夏。
「気温が高く、かつ、湿度が低い」日なんて、そうそうないですよね。

3~4日前に、ちょうどそんな日が訪れたので、
「よぉ~し、来た来たー!!」と、
剪定してみたのが今日の写真のアジサイです。

剪定した後は、逆さまにして吊るしています。
吊るさない方がよい、というお話も聞いたことがあります。

そうそう、もともと湿度が低いヨーロッパでは、自然に綺麗な
秋色アジサイになっていますよね。
国内でも、高度が高めで湿度が低い場所では、
秋色が綺麗に出るようです。

私もまだまだ試行錯誤中です、
綺麗に作れる方法があったら、ぜひ教えてくださいね。

***

今年はアジサイや秋色紫陽花の記事が少なかった
(ような気がする)ので、
これから、沢山UPいたしますね。

[PR]
by juno-7 | 2008-08-13 00:24 | 花のあと