・・・花に想いをのせて・・・

雨の音を聴きながら・・・

毎年、紫陽花の時期に公開されているお庭があって、
お邪魔させて頂くようになって、3年目です。

d0026414_1234026.jpg

「紫陽花とベンチ」

「薔薇と紫陽花、そして犬が好き」
というところで一致している、お庭のオーナーさんと私。

どうも、ベンチも、みたい。


d0026414_12343751.jpg

 「Heaven is...」   

Heaven is under our feet

as well as

over our heads.



d0026414_1234816.jpg

こちらは、アジサイ寺で。




私が住む地域では、今年の梅雨は本当に雨がよく降ります。
全国的にそうなのかな?と思っていたら、
西日本では余り降っていないとか・・・、うまく配分されるといいのですが。

アジサイは雨を歓迎するのだと思っているのですが、
”花びら同士が重なり合った部分”が、
一部ですが、茶色く枯れて来ています。

こういう現象は、初めて。
しかも、1種類のアジサイだけでなくて、
複数のアジサイが同じ状態・・・、
だから、雨のせいなのかな?と推測しているところです。
皆さまのお宅のアジサイ、いかがですか??

*****
最近、アジサイの名前が可愛くなったと思いませんかー。
以前よりも、どんどん新品種が改良されているのかしら。
そして、可愛らしい名前が付けられているのかしら。

バラもそうだけれど、そして、いつも思うけれど、
名前があろうとなかろうと、
その名前がなんであろうと、
お花自体の、その姿には、なんの変わりも無い筈なのに。
なのに、その名前を認識した途端に、
その名前が、花の姿に寄り添い、
新たな印象が私の中で生まれてくる。

「墨田の花火」は、
丸い花火が煌めきながら弾け散るような
イメージと共に眺めてしまうし、
「城ヶ崎」は、昔行った城ヶ崎海岸の岩、そして波しぶきが
がつい浮かんできます。

アジサイは元々は日本のお花だから、
日本的な名前がしっくり来るものだけれど、
洋風なカタカナの名前だと、とたんに”オシャレな感じ”になってくる。

「ポージィーブーケ」とか、
「ピーチ姫」。
「キャンディー・ピンク」には、”アジサイもここまで来たか~!”と感心しました。

最近知った、可愛いネーミング。
「森の妖精」
「天を仰いで」
・・・「森の泉」!!

もう、何でもあり、ですね!
でも不思議と、アジサイだと「なるほどね」としっくり来るの。

もっともっともーっと、
アジサイがこの世に増えて欲しいと思っている私です。



[PR]
by juno-7 | 2009-07-08 13:27 | 椅子のある風景